「チューインガム一つ」  村井 安子  3年

せんせい おこらんとって
せんせい おこらんとってね
わたし ものすごくわるいことをした

わたし おみせやさんの
チューインガムとってん
一年生の子とふたりで
チューインガムとってしもてん
きっと かみさん(神様が)
おばさんにしらせたんや
わたし ものもいわれへん
からだが おもちゃみたいに
カタカタふるえるねん

わたしが一年生の子に
「とり」いうてん
一年生の子が
「あんたもとり」いうたけど
わたしはみつかったらいややから
いややいうた

一年生の子がとった

でも わたしがわるい
その子の百ばいも千ばいもわるい
わるい
わるい
わるい
わたしがわるい

おかあちゃんに
みつからへんとおもとったのに
やっぱり すぐ みつかった
あんなこわいおかあちゃんのかお
見たことない
あんなかなしそうなおかあちゃんのかお見た
ことない
しぬくらいたたかれて
「こんな子 うちの子とちがう 出ていき」
おかあちゃんはなきながら
そないいうねん

わたし ひとりで出ていってん
いつでもいくこうえんにいったら
よその国へいったみたいな気がしたよ せんせい
どこかへ いってしまお とおもた
でも なんぼあるいても
どこへもいくとこあらへん
なんぼ かんがえても
あしばっかふるえて
なんにも かんがえられへん
おそうに うちへかえって
さかなみたいにおかあちゃんにあやまってん
けど おかあちゃんは
わたしのかお見て ないてばかりいる
わたしは どうして
あんなわるいことしてんやろ

もう二日もたっているのに
おかあちゃんは
まだ さみしそうにないている
せんせい どないしよう

******************::::

この詩の誕生には、素晴らしい教師と子供の壮絶な関係があります。
万引きをして、母親に無理やり連れてこられた安子ちゃんに、教師灰谷は、厳しく向き合います。母親に書かされただろう、「チューインガムを盗んだ。もうしないから、先生、ごめんしてください」という走り書きに対して、「安子ちゃん、ほんとうのこと書こうな」と、無言で長時間、向き合います。

灰谷の言葉・・・盗みという行為と向き合うことは、ほんとうに苦しいわけで、彼女は許しを請うことによってそこから解放されようとしている。
しかし、許しを請う世界からは魂の自立はないわけで、盗みをしたと告げることが、ほんとうのことを言っているということではないという思いが、ぼくにはあるわけです。
盗みという行為で失われた人間性を回復する為には、もう一回盗みというものと向き合うしかないと思いました。

それで、書き始めたのですが、一字書いては泣くし、一行書いては泣く。泣いている時間の方がはるかに多かった。
ここで、普通だったら言葉のやりとりがあると思うでしょうが、このとき、安子ちゃんとぼくとの間で、言葉のやりとりはまったくなかったのです。

これは、非常に容赦のない世界です。
安子ちゃんも辛いだろうけど、僕も辛い。
でも、この時間を中途半端にしたら、安子ちゃんの人間性を回復する道は永久に絶たれてしまう。

いまここで、苦しむことが彼女が強く生きるということにつながると、思うと、どうしてもやめるわけにいかない。
ぼくはすべての感覚を安子ちゃんに集中する。
それが、ともに涙を流すということになり、安子ちゃんはそれをしっかりと受け止めてくれたわけです。

この作品が生まれるまでに、彼女はどれくらいひどい血だらけの格闘をしたか。
それは、同時に僕が血だらけになるということでもあるわけです。




灰谷健次郎さんからのメッセージ (1)